ホンダ AF62型ディオっち現る…整備4

前回の整備はフロントフォークのダストブーツ交換、ブレーキ点検、マフラー塗装キックを行いました。その時にフロントタイヤの劣化およびエアーバルブの劣化を確認。

っというわけで今回はフロントタイヤ交換、フロントホイールの塗装

タイヤ交換前のトレッド面が石のように硬化したピレリタイヤ

タイヤ交換後の新品ダンロップ D307 3.00-10 タイヤ

劣化していたエアバルブ

整備時にスマホをもってくるのを忘れてしまったので作業写真は撮れませんでした。

ホイールは一部錆が発生していたり傷があったりしていたためタイヤを取り外した時にシルバー色で再塗装。そしてエアーバルブが劣化してもぎ取れそうになっていたのでタイヤ交換と同時に交換しました。

タイヤは送料込・税込2000円ほどな国産メーカーダンロップ D307 3.00-10 を使いました。

このタイヤはハイグリップタイヤ並みにタイヤの剛性が高いです「コンパウンドはハード寄り」。そのため良くあるフニャフニャなノーマルタイヤに比べると組み換えが硬いです。さらに空気圧が低いまま放置させたりするとサイドウォールに亀裂が入りやすかったりもするので定期的な空気圧チェックを行うこと。

そしてノーマルのエアバルブはストレート型になってますがL型エアバルブに変更。

せっかくフロントを新品に変えたので次回リアタイヤも交換しようかな。