ホンダ AF62型ディオっち現る…整備2-1

前回に引き続き整備日記2

前回の整備はバッテリー充電、プラグ交換を行いました。今回はキックアームがスムーズに動くように各部OHを行う。そして本日届いたエアークリーナエレメントに交換をします。

キック部の分解・清浄・組み立て

早速ケースをカパッと開けてみましたが思ったほど汚れてはいませんでした。

キックシャフトの動きが悪い原因はキックシャフト部のグリース切れ、そしてキックギア部にベルトかすがたんまり溜まって動きを阻害しているようだったので、キック回りの部品すべて分解・洗浄・各部グリースアップを行いました。

その後ばっちりキックが戻ってくるように。最後に駆動部を細かく点検してみましたがVベルト「新品っぽい」やウエイトローラーなど特に摩耗はしてなかったので無交換のまま。

いちを駆動系の各部点検・清浄も行ってます。

エアークリーナーエレメント交換

アマゾンで購入したエアークリーナーエレメントに交換するため早速エアクリーナーケースカバーを開けてみました。

乾式のろ紙フィルターは物凄い汚れではないものの乾燥している感じがなく、全体的に湿っているような感じだったので結構な吸気抵抗になっていたのかもしれません。

カバー内部のほこり・汚れを取り除き新品のフィルターへ交換。そして駐車場にて試乗してみると、プラセボかもしれないけど微妙に加速がよくなったような感じがありました。これやっと配達号のジョグっちが壊れて一時期動かなくなっても、代替えなディオっちがいるので一安心になりました。

ホンダ AF62型ディオっち現る…整備3へ